MENU

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査

今回は、シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査をお届けします。

シティーハンターと言えば、1985年~1991年の間およそ6年間「週刊少年ジャンプ」で連載された、言わずとも知れた北条司原作の名作であり大人気漫画の1つです。

最強のスイーパー冴羽獠が天真爛漫な相棒の槇村香と、東京新宿を舞台に主に美女からの難しい依頼を引き受けて完璧に処理していくというお話が基本です。

ストーリー自体は結構シリアスなのに、冴羽獠の無類の女好きが原因で相棒の香から100トンハンマーで追いかけられたりとコミカルな表現とのバランスが観ていて癖になるアニメですよね。

なんとそのシティーハンターですが、かつて上映された「劇場版シティーハンターエンジェルダスト」が2024年3月23日に復活上映されることが決定しました!

今再ブームが巻き起こっている映画シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話のお話なのでしょうか?

劇場版と原作漫画との違いもしっかり調査していきたいと思います。

それではじっくりご覧ください!

 

目次

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査

シティーハンターの原作漫画は、全35巻で話数は336話となっています。

その中でも劇場版シティーハンターのストーリーと全く同じ内容が描かれている原作は、実は存在していません。

ただ劇場版のストーリーの原案となったお話は、原作漫画の「海原編」だと言われています。

海原編はシティーハンター原作の全35巻中の後半30巻と31巻のトータル13話に描かれています。30巻(306話~315話)、31巻(316話~318話)

実は、この「海原編」はアニメ化もされていません。

原作の中でも、冴羽獠の育ての親でもある海原神(かいばらしん)に関するストーリーは、シティーハンターファンからの人気がとても高くアニメ化が期待されていました。

ただ連載当初ハードボイルドな内容が受け入れらず人気が上がらないことで大きく路線を変更したことで海原編は原作のみとなってしまいました。

今回のシティーハンターでは、この海原神と冴羽獠の宿命の対決シーンをはじめ、海原神のエピソードや獠との関係性、育ての親となったいきさつなどが明らかになっていきます。

またどうして海原神は育ての親だったのに獠の元を去ることになったのか?獠は海原を憎んでいるのか?

そして海原は獠のことを本当の息子の様に思っているのか否か育ての親と子の掛け合いは劇場版でしか観ることが出来ない見どころの1つです。

アニメ化にもならなかった海原編。シティーハンターのラスボス海原神をもとにした劇場版のストーリ展開も大変気になりますね!

 

シティーハンター天使の涙 原作漫画と劇場版との違い

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査

シティーハンター原作と劇場版はどんな違いがあるのでしょうか?

今回の劇場版は、アニメ化されていないので原作「海原編」との違いを比較していきたいと思います。

自分の大好きな漫画が劇場版となる場合どうしてもやってしまうのが、原作との違いをチェックしてしまうことです。(しかも無意識に結構厳しめ)

海原編はシティーハンター原作漫画の終盤を飾るエピソードとなっていて映像化が難しいと思われていました。

劇場版と原作にどんな点に違いがあるのか?さっそく深堀していきましょう!

 

劇場版に登場する組織の名前

密輸組織の名称が変わっています。

原作では「ユニオンテオーペ」ですが、アニメでは「赤いペガサス」へと変わっています。

また今回の劇場版では、アニメでの「赤いペガサス」に加えて「バイオ企業ゾルティック社」という企業名も登場。

原作とアニメ、劇場版との設定をよりわかりやすくするためまた海原神とエンジェルダストとの関連がより深く展開していくために様々な工夫がこらされています。

 

アンジーは劇場版オリジナルキャラ

劇場版の重要人物アンジーは、実はアニメだけのオリジナルキャラクターです。

原作漫画「海原編」の根底にある大筋のストーリーやこれまでいきさつをシティーハンター初心者にも分かり易く理解してもらうために設定されたようです。

アンジーの役どころとしては、原作で登場するミックエンジェル(男性)に相当するのでは?とも言われています。

今回劇場版では登場しませんが、原作ではアメリカ時代の獠の親友でありとして登場しています。

映画でのアンジーは、今でいうユーチューバー的な存在(動画投稿者)で本来の身元を隠し冴羽に仕事の依頼をします。

美人の依頼しか受けない冴羽が受けないはずがありませんよね。動画撮影に登場させる飼い猫の「キャリコ」が日本で行方不明となりその猫を探す依頼だったのですがちょっと無理があります。

そこもひっくるめてクスッと笑える魅力なのかもしれません。

 

天使の涙(エンジェルダスト)の恐ろしさが軽め

原作では、エンジェルダストを投与された人は、人間の能力を最上級にまで高められもはや人間でなくなってしまう程の凄まじい威力を発揮してしまいます。

その威力は、20発以上の弾丸を打ち込んでも人を生かし続けた悪魔の薬と説明されているほど。

冴羽獠のかつての相棒だった香の義兄も、エンジェルダストを投与された者に亡き者にされてしまったという過去があります。

完全に息の根を止めるためには、ロケットランチャーのような凄い武器で吹っ飛ばすなどめちゃくちゃな事でもしなければならず、原作のエンジェル・ダストは読んでいると恐怖すら感じました。

ですが、劇場版のエンジェルダストは「エナジードリンク的な手軽さ」が加わり原作と比べると若干恐ろしさが半減している感覚を受けます。

実際に冴羽獠自身も海原神にエンジェルダストを投与されたという衝撃の過去がありそのことが原因で因縁が生まれてしまったという点も否めません。

エンジェルダストを投与された過去がある冴羽。それが分かった時、個人的に「えっ!だから強いの?」「副作用とか大丈夫なの?」と心配になってしまいます。

ただすべてを差し置いても劇場版で最も注目すべき点は、冴羽獠と海原神のアクションシーンです。

とにかく格好いいしかつてアニメで観たドキドキよりもはるかに上回る完成度ですよ!

 

ハードボイルドからダディイシューへ

原作の海原神ですが、実は漫画の冒頭に日本に密売の独自ルート開拓を目論んでいる「ユニオン・テオーペ」を束ねる大ボスとして登場していました。

ユニオン・テオーペはその野望のために、「エンジェルダスト」を利用。

それに反対する冴羽獠とパートナーである槇村秀幸を組織の敵とみなし刺客を送り込みます。

その際に槇村は命を落としてしまうという過去があります。

こんな感じでもともとシティーハンターの原作はハードボイルドな作風がウリだったのですが、ハードボイルドすぎてそんなに人気がでず。

原作の評価も低かったため大幅に路線変更。ハードボイルド要素の根幹とも言えるユニオン・テオーペを物語からフェードアウトさせます。

東京新宿の街で冴羽獠と槇村香のドタバタ日常を軸とした明るい感じのスイーパーものにシフトしていきました。

今回の映画も、ハードボイルドさが縮小し海原神とアンジー、海原と獠の「育ての親子関連の愛情問題」が中心となってしまっています。

シティーハンターの原作を読んだことがない、初めて劇場版を観る、アニメ観たことがないというビギナーにとっても今回の劇場版シティーハンターが楽しめるようにストーリーは分かり易く表現されていますが、原作ファンにとってはこの点がやや物足りなさを感じる点なのかもしれませんね。

もっと深く楽しみたい!より深く映画に入り込みたい方は、上記でお伝えした原作を読んだり、アニメ版を観て下準備しておくと安心です。

ただ原作やアニメを見始めてしまうと、なかなかやめられませんのでその点はご注意くださいね!

 

劇場版シティーハンター天使の涙が復活上映決定!

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査

劇場版アニメ「天使の涙(エンジェルダスト)」は、2023年9月8日に上映されました。

公開6週目で興収10億円を突破し、シティーハンター史上最高傑作と言われています。

今回その劇場版が2024年3月23日に秋葉原UDXシアターにて復活上映されることが決定しました!(ドリパスでチケット販売中)

シティーハンターが今再注目されているのはどうしてでしょうか?

実は、2024年2月26日シティーハンターが連載開始して39周年という特別な記念日でSNSではシティーハンターの誕生日として注目されました。

それと同じくして4月25日にはNetflixでシティーハンター実写版も配信決定!

冴羽獠役は、今注目の俳優鈴木亮平、槇村香役は、森田望智と主要キャストも公開されました。

シティーハンターの劇場版の再上映そして、Netflixでの実写版の配信とこれからさらに注目度が上がることは間違いなしですね!

 

復活上映に関するSNSの反応

現在東京での復活上映が決まっていますが、シティーハンターファンからは東京だけでなく全国上映をめざしてドリパスで投票しようという動きが加速しているようです。

  • ついにシティーハンター再上映が決定…!絶対観に行かなきゃ!
  • 東京だけじゃなく全国上映できるようにドリパスで毎日投票しよう
  • 私は シティーハンター を全然知らず観に行った理由は「誘われた」ですが、それでも楽しめました!
  • シティーハンター旋風はまだまだ続く

 

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査 まとめ

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査

シティーハンター天使の涙は原作の何巻何話?劇場版との違いも調査をお届けしてきました。

劇場版シティーハンター天使の涙のストーリーと全く同じ内容が描かれている原作漫画はありません。

ですがその元となったお話は、原作漫画の「海原編のトータル13話」30巻(306話~315話)、31巻(316話~318話)となっています。

何巻何話がわかるとまずはそこを抑えられるのでシティーハンター初心者の方にはオススメです!

また劇場版と原作の主な違いは4つ。

登場する企業名が、ユニオンテオーペから赤いペガサスへ。アンジーは劇場版だけのオリジナルキャラ。

劇場版のエンジェルダストの恐ろしさが軽くなっている感覚。そしてハードボイルドな世界観から海原神とアンジーのダディーイシュー感が否めないストーリー展開となっています。

2024年3月23日に劇場版シティーハンター天使の涙が復活上映決定!(現在ドリパスでチケット販売中)

同年4月25日にはNetflixで実写版が公開とこれからますます人気が高くなっていくシティーハンターから目が離せませんね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次