MENU

おいハンサム2の2話ネタバレと感想!高橋克典のバキュンですよがダサくて面白すぎる

おいハンサム2の2話ネタバレと感想!高橋克典のバキューンですよがダサくて面白すぎる

今回は、おいハンサム2の2話ネタバレと感想!高橋克典のバキュンですよがダサくて面白すぎるをお送りします。

おいハンサム2は、伊藤源太郎のハンサムな金言が私たちの心に響く、恋とご飯と家族がかけ合わさったちょっと癖になるドラマです。

なんと!おいハンサム2の1話がTVerの見逃し配信再生回数が104万回を突破して東海テレビ歴代1位を記録したそうです。

ちょっとどころじゃなく人気がふつふつと湧き上がってますね!

そんなおいハンサム2ですが、1話のスペシャルゲスト藤原竜也に続き、今度は高橋克典が登場!

Xの投稿では、1話に藤原竜也で2話に高橋克典をこんな形で使うのは、おいハンサムだけだよ…。面白いけど!と視聴者も若干呆れつつもその面白さが癖になっている様子です。

おいハンサム2の2話ネタバレと感想!高橋克典の「バキュンですよ」がダサくて面白すぎたその場面をハンサムな金言と紐付けながら深堀していきたいと思います!

それではじっくりご覧ください♪

 

目次

おいハンサム2の2話ネタバレ


おいハンサム2の2話は、近所に住むミチル(藤田朋子)さんが、人気洋菓子店のパティシエ通称ムッシュ(高橋克典)をロックオンするところから始まります。

2人で会う約束なんてしていないのに千鶴さんに結婚宣言までする始末。

そのはしゃぎようと言ったらありませんが、生クリームを泡立てる腕やその容姿だけで夢中になれるミチルさんが羨ましいし可愛いです。

3人の娘たちは、相変わらずの状況。

長女由香は、仕事は絶好調なのに恋愛は絶不調。かつて告白してフラれた男と再会、今カノと3人で飲みに行く事になってしまい対処法を元カレの大森(浜野謙太さん)に相談します。

次女里香はチャラい同級生に食事に誘われ乗り気になれないながらもいくことに…。藤原竜也のことを思い出してしまうも何となくパッとしない状況。

三女美香は、浮気疑惑のある婚約者ユウジ(須藤蓮)と距離を置いている状況で、ひょんなことからその原因となったユウジの追っかけ(逢沢りな)と出くわしてしまいます。

第2話も相変わらずパッとしない三姉妹のために、伊藤源太郎は再び立ち上がります!

 

おいハンサム2の2話の感想

毎回楽しみにしているおいハンサム2ですが、第2話の娘たちも安定の相変わらずパターン。由香も里香共に彼氏すらできず…。

でもこの相変わらずな日常が観ていて少しホッとしてしまいます。

今回は、ユウジと距離を置いている美香が2話のメインでした。工事現場で働くイケメンの働く姿を見て楽しんでいると、そのイケメンのお弁当が豪華(嫁か彼女の存在確定)という知りたくない情報が耳に入ったり…。

イベント休憩中に不思議な女性(ユウジの追っかけをする鼻血女)と偶然遭遇。ユウジと鼻血女のやり取りの一部始終を知りたくないのに目撃したり。

美香だけでなく由香と里香も出来れば知りたくなかった情報にふれてしまう。そのストーリー展開がうまいこと最後にでてくる源太郎のハンサムな説教につながっているところが観ていてジーンときてしまいます。

第2話の感想と見どころをまとめてみました!

 

源太郎のハンサムな金言

毎回源太郎のハンサムな説教聴くのを楽しみにドラマを見ているとっても過言ではありません。

何気ないごみの捨て方、会社の部外の人の名前をちゃんと覚えて読んでいるところなど、ちょっとした振る舞いでも人となりがでてしまいますよね。

源太郎のような上司と一緒に仕事出来たらいいなぁと思ってしまいます。

悲喜こもごもストーリーを通じて下記の金言をハンサムに言っちゃってます!ハンサムにいう源太郎をイメージして読んでみてください♪

  • 真実も嘘も入れ混じった情報で溢れかえってる。
  • 人生には知らなくていいことだってある。むしろ知らない方が良かったということの方が多い。
  • 人生において最も知らなくてもよい代表例が「換金期限の過ぎた宝くじ」高額当選していたら当たっていたこと自体知らない方が幸せだ。
  • 自分の人生の責任は自分でしかとれない

 

第2話での注目ご飯は?

第2話でも美味しそうなご飯が色々と登場しました。この他にも商店街のお肉屋さんのコロッケや牛タン、チャーシュー麺など…。

1話の中にさまざまなご飯がでてきて見ていると深夜に無性に食べたくなる現状が起こるのもおいハンサムならでは!

でもこのご飯たちは、毎回ストーリー展開に絶妙にマッチしてくるから不思議です。

 

ムッシュが作った美しいケーキ

色とりどりの美しいケーキは、源太郎と仲の良い大森(長女由香の元カレ)が例のミチルさんの推しムッシュの店で買ってきたものでした。

伊藤家でわいわいケーキを選び食べようとすると、大森が大慌てで止めます。

「ケーキは食べる前にしっかり愛でる!目で楽しむものです!」

大森さんは、とにかく食べる物に重きを置き大切にしている人。大森さんの言葉は説得力がありますね!

 

はまぐり鍋

大森さんが密かに狙っている同僚の渡辺さんに「ハマグリたくさんもらったからハマグリ食べに来ない?」と誘いOKを貰います。

大森さんの家で二人で美味しそうなハマグリ鍋を食べているんですが、大森さんちのキッチンがプロ仕様でそっちに気を取られてしまいました。

どんだけ食にかけてるのか…。

私は大森さんと由香の掛け合いが好きで2人メッチャ合うんじゃない?と毎回思ってしまいますが…。

2人はこのまま元カレ元カノとしての関係のままなのでしょうか?今後も期待です!

 

自分で握ったおにぎり「自分にぎり」

由香(木南晴夏)は、パン好きとして有名ですが、おいハンサムの中では海苔をまかないおにぎり(自分にぎり)を作ってバックに忍ばせていることが判明。

思わず「え?パンじゃないの」とツッコミたくなってしまいます。

 

記憶の中のラーメン

大森が渡辺さんと自宅ではまぐり鍋を食べている時に記憶に残るラーメンの話をします。(自分語りする大森がウケて話の内容が入ってきません)

チャーシューではなくハムだったり、子供の頃に食べたラーメンは今のようなこだわりが詰まったラーメンではないけど何となく思い出して無償に食べたくなる。

記憶に残るラーメンを熱く語る大森を横にハマグリをめちゃくちゃおいしそうに食べる渡辺さんがとても素敵でした。

 

おいハンサム2の2話高橋克典のバキューンですよがダサくて面白すぎる

今回の第2話での最大の盛り上がりを見せたのが、そう…「バキュンですよ」

SNSではかなりザワつきました!

娘たちが乗り気じゃないけど行った先のごはん屋さんで「バキュンですよ!」がどこからともなく聞こえてくるのです。

由香が昔フラれた同僚と今カノと3人で飲んだ居酒屋でも「バキュンですよ!」

里香が元カレと食べたイタリアンのお店でも「バキュンですよ!」何それ??と頭がはてなになりますが、その謎が解けるのは第2話の山場でした。

源太郎が部下と飲みに行った居酒屋で、ミチルさんが夢中になっているパティシエのムッシュ(高橋克典)が現れます。

源太郎は部下にパティシエのムッシュの一挙手一投足を注目するように言った矢先!

馴染みのバーテンダーに「バキュンですよ」を大連発!視聴者は爆笑の渦となったのが目に浮かびます。

源太郎が「人生には知らなくていいこともある…。むしろ知らない方が良かった」という思いに行き着く瞬間でした。

おいハンサム2の2話ネタバレと感想!高橋克典のバキューンですよがダサくて面白すぎるまとめ

今回は、おいハンサム2の2話ネタバレと感想!高橋克典のバキューンですよがダサくて面白すぎるをお送りしてきました。

第2話のネタバレとしては、「人生には知らなくていいこと知らない方がよかったことがある」というハンサムな説教をとおしてストーリーが展開。

安定の面白さとハンサムな説教が最後にジンと来る最高の仕上がりだったという感想でした。

第2話の見どころはやっぱりバキュンですよ!のムッシュ(高橋克典)で決まり!

こんな贅沢な俳優の使い方はおいハンサムから続くお約束なのでしょうか?笑

毎回スペシャルゲストも多数登場していて次回の第3話が今から楽しみすぎますね!いよいよ娘たちの恋も動き出すかもしれません!

次回もおいハンサム2から目が離せません♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次