MENU

おいハンサム2の3話ネタバレと感想!深夜の飯テロでお腹すいたの声続出

おいハンサム2の3話ネタバレと感想!深夜の飯テロでお腹すいたの声続出

今回は、おいハンサム2の3話ネタバレと感想!深夜の飯テロでお腹すいたの声続出をお送りします!

第3話は、食に関するテーマが中心となりいつものストーリーにプラスしてとにかく美味しそうなご飯が目白押しで登場してくるので深夜の時間帯ですがとにかくお腹がすいてきます。(私も冷蔵庫をガサゴソしました)

3姉妹たちの恋や仕事に変化は訪れたのか?

父源太郎にも、うな重問題が勃発?姉妹たちをとりまくキャラが濃いけど楽しい同僚達や元カレなどもますます気になるおいハンサム2の第3話!

今回もドラマのネタバレと感想を中心に深夜の飯テロでお腹すいた~の声が続出したご飯たちもしっかり紹介していきます。

それではじっくりとご覧ください♪

 

目次

おいハンサム2の3話ネタバレ

第3話は、長女由香は仕事であるプロジェクトの中心に抜擢。打合せの際に相手先の年下イケメン男性にご飯に誘われモテない期の終焉を感じます。

次女の里香は、総菜屋のおばさんのどうでもいい天気の話や通勤途中に行く手を遮られたしたことなど、とにかく小さなイライラが溜りに溜まった状態。

同僚の橋本さん(ふせえり)から「気持ちを触られたのね」と言われなんとなく納得。これまで溜まった小さなイライラを橋本さんと発散させます。

美香はユウジと距離を置いている状態。漫画のコンペが迫った不安定の極致のユウジの頼みで勝負飯を作ることに…。

このことがきっかけで美香の気持ちに少し変化が訪れたようにみました。

父源太郎は、会社でトラブル発生。源太郎の会社が原因のトラブルではないものの、源太郎の働きで事なきを得ます。

ですがランチで取引先と一緒に食べる予定だったうな重を源太郎だけが全部食べたことでまさかの事件に発展してしまいます。

 

うな重問題とは?

源太郎の会社では、取引先ハッシュ・ビズとの打ち合わせが終わり取引先と一緒にランチを食べようと特上うな重を準備します。

いざ箸を付けようとした時、相手先にトラブルの連絡が入ります。すぐさま対応のために席を立とうとする取引先。

源太郎は、うな重を食べてからでも十分対応できるのでは?まずはうな重を食べませんか?と勧めるも相手先は食べずに源太郎の会社を後にしました。

その後1人でしっかりとうな重を食べた源太郎。のちにうな重を食べずに帰った取引先は、有事の際に一人でうな重を食べた源太郎を批難します。

(源太郎の会社が準備したうな重なのに、食べなかった取引先がうな重を食べた源太郎を批難するのはなんか変なのですが…。)

そこで場を収めたのが同取引先ハッシュ・ビズの本部長。うな重を食べた源太郎を責める部下たちを諫めます。

「事が起こったらまず腹ごしらえする。有事の時も平時の時もしっかりと食べれる者が生き延びる。ちゃんと食べられる人財を見極める事が大切」と力説し、源太郎に謝りランチに誘います。

 

ラーメン戦士とは?

小さなイライラが溜まっている里香。入ったラーメン屋でまさかの大盛りに挑戦し、完食してしまいます。

その店になぜか大森と渡辺さんもいて、完食した里香に拍手を送ります。

その際に里香にむけて発したのが「ラーメン戦士」でした。

 

おいハンサム2の3話感想

おいハンサム2の第3話は、「気持ちを触れる」「気持ちがくすぐられる」というエピソードを食に照らし合わせながらストーリーが展開していきます。

出るわ出るわ美味しそうなご飯たちが…。

これからすべて紹介していきますが、私が一番心揺さぶられたのは千鶴さんの一人出前寿司。エピソードにも美味しそうな寿司にも心がジンとしました。

第3話の見どころもあわせてご紹介していきます!

 

マグロを狙うミチルさん

千鶴が寿司屋から寿司を受け取っている丁度のタイミングでミチルさんが登場。

回転寿司の持ち帰りの方がネタも大きくて美味しいのにと勧めるも「私はこの寿司屋の出前寿司が好きなのよ」と一括。

ミチルは、割りばしを奪い取りマグロを味見しようと寿司桶に迫りますが千鶴に遮られます。

ミチルは「私はマグロが大好きなの!生粋のマグロ女なのよ!!」と叫びます。爆笑

 

源太郎のハンサムな金言

今回は食をテーマにしたこともあり、「娘たちよしっかり食べているか?腹が減っては戦はできぬ。」というハンサムな一声から始まりました。

食べる事は生きること。そして生きることは戦いだ!しっかりと食べて戦いに備えよ!と源太郎。もうハンサムすぎて痺れます。

毎日当たり前に食べよう。そして歯磨きも忘れるなよ。と今回は短めでした。(短いのには訳があり、今回は妻千鶴さんの金言もありました)

このハンサムな金言ですが、「ネットでは凄く共感出来て刺さった」「深く感動してしまった」と視聴者の胸にジンときたようです。

 

千鶴のハンサムな金言

さぼった方がうまくいくこともある…。

3人の姉妹を絶賛子育て中の千鶴も余裕がなくなりどうしようもなく大変な時期がありました。

そんな時、寿司の出前をとりしっかり食べて腹ごしらえすると、イライラはどこかへ吹き飛んで心に余裕が生まれます。

部屋の中で、子供たちがひっくり返ったご飯も時間がたてば片付けが楽になり廊下のゴミも一緒に取れてむしろキレイに…。

さぼった方がうまくいく事があるんだと実感した千鶴。この頃から月に1度一人出前でお寿司を取ることを続けてきました。

このエピソードは、私を含め子育てママから深い共感を得ました。

有事の時こそまずは腹ごしらえ。しっかり食べることで満腹中枢が刺激され幸せな気持ちになりイライラも収まりますよね。

 

おいハンサム2の3話深夜の飯テロでお腹すいたの声続出

今回Xの投稿で最も多かったのは、何といっても「深夜の飯テロドラマ」「観てるとお腹空いてくる」という投稿でした。

おいハンサムは、恋とご飯と家族をテーマにしたドラマですが、今回登場したご飯たちは最高と言っても過言ではありません。

1つ1つ深堀してみましたよ!

 

立ち食い蕎麦

部下をランチに誘う源太郎。

部下たちは別にランチを予約してましたが言い出せずに源太郎についていくことに。(いいもの食べられそうだからという算段)

ついた先は、立ち食い蕎麦屋さん。ここでがっかりした部下達は自分たちが予約していた店に行く事にして源太郎は一人蕎麦屋へ。

この時源太郎が注文したのが、「ごぼう天そば刻み油揚げのトッピングにおいなりさん1つ」ハンサムに注文する姿がたまりません!

東京ならではの濃いお出汁にごぼう天と刻み油揚げが沁み沁みで、私自身も「明日の昼は蕎麦だな…」と決めてしまいました。

終盤では、ハッシュ・ビズの本部長とランチにこのお蕎麦屋に再来店しますが、一度断った部下達もこの立ち食い蕎麦屋にこっそり食べに行っていたところがほっこりします。

 

千鶴の一人出前寿司

3人の娘たちの子育てをワンオペでやっていたころのエピソードが語られます。

美香は生まれたばかり、由香と里香が廊下でごはん屋さんごっこの真っ最中。ご飯やコップの水までひっくり返すわで部屋はぐちゃぐちゃ状態。

ワンオペ状態の千鶴が、いっぱいいっぱいでどうにもこうにもならなくなった時、1人前の寿司の出前を取ります。

1人用の丸い寿司桶に入った雲丹やまぐろキラキラしたネタのお寿司たちは、本当に美味しそう…。

また娘が寝て少しホッとした時間は、ママたちの癒しの時間。部屋はぐちゃぐちゃ状態ですが、千鶴は部屋の片付けをせずにまずはお寿司の出前をゆっくりと頬張ります。

この時から、月1に一人前の寿司の出前を取ることは千鶴の楽しみの1つとなります。

 

ゆで卵

ユウジに勝負飯をせがまれた美香は、ゆで卵を菜箸でくるくる回しながら茹でます。

この様子は、ちゃんと家でお母さんのお手伝いをしてたんだな。細かいところも手を抜かないできちんと出来るいい子だなと感じます。

ゆで卵の盛り付けも切り株の様に盛り付けます。たまごの好みの茹で時間を話す美香。

ユウジのために茹で卵だけでなく勝負飯のカレーまで作ってあげる美香。それを美味しそうに食べるユウジ。

次回は2人にいい変化が見られそうな感じがします。

 

大盛り焼きそば

由香は、これまでの自分の恋愛を振り返り「恋愛もごはんも美味しいところをちょっとだけ食べるのが自分に合っているのでは?」という思いを強固にします。

「恋愛は不倫だとしても自分が納得してれば都合がいいところだけでいいし、ご飯も大盛りじゃなくていい。それが自分に丁度いい。合ってるんだ」

何かそう思うことで自分を納得させているように見えました。

そう思っている矢先に、相手先の年下イケメンからご飯に誘われ行くことに…。なんとそこは量も十分なコスパがいい店でした。

その年下イケメンに由香は「あなたとは付き合えない。私はご飯もちょっとの量だけでいいの」と言うもののイケメンにはあまり響いてない様子。

「由香さんもっと食べてください。お腹いっぱいになりましたか?」と聞かれなぜか泣き出してしまった由香。

由香自身が驚いている様でしたが本当は、ちゃんとお腹いっぱいになるまで食べたかったんだと気づかされるのでした。

この年下イケメンとの今後の展開が気になります!

 

大森のラーメン語り

毎回この人なくしては始まらないおいハンサム。今回もラーメンを語りました。

大森は、チャーシューの端が好きで、自分のラーメンにそれが入ってると顔がほころんでしまう。そのほころんだ表情を隠せないらしい。

そのほころんだ顔を見たラーメン屋の店主は、大森が来るたびになぜかチャーシューの端が入れてあるし、端がない時はメンマを大盛りにしてくれるらしい。

ラーメン店の店主がそう言ったわけではないが、大森はそう感じています。

大森自身もまたその店では、おつりが出ない様にきっちりお支払いするらしく、大森曰くラーメン屋の店主と大森でお互いに「気持ちをくすぐり合っている」と話す。

ここまで来るとどうでもいいけど、そういう大森を愛しく感じます。

 

大森のぬか床

大森は、渡辺さん(付き合っているのか疑問だけど…。)にプロポーズすると宣言。

渡辺さんを自分の自宅に呼び自慢のぬか床を見せます。これまで毎日このぬか床を混ぜるため仕事も調整してきたと語る大森(うざい)

でも渡辺さんが触ろうとするとそれを制します。

渡辺さんは「見てもいいけど触らせない?!なぜ?もしかしてこれってぬかハラ(ぬかハラスメント)では?!」と思います。

大森は、「これから出張が増えるので渡辺さんに混ぜて欲しい。これからぬか床の混ぜ方を教える」と言うのです。

なんと大森は、このぬか床を混ぜて欲しい=プロポーズと思っている節があるようで…。

渡辺さんが必死に混ぜる様子を後ろで腕組みして大森が指導している様子が滑稽でたまりません。

はたして渡辺さんに大森のプロポーズ(?)は通じているのでしょうか?(100%無理)

 

おいハンサム2の3話ネタバレと感想!深夜の飯テロでお腹すいたの声続出まとめ

おいハンサム2の3話ネタバレと感想!深夜のめしテロでお腹すいたの声続出をお送りしてきました。

今回のネタバレは、いつもの展開に食をテーマとしただけあって、たくさんのご飯が目白押しで飯テロ炸裂の第3話となりました!

立ち食い蕎麦にうな重、ラーメンに一人出前寿司、極めつけに茹で加減抜群のゆで卵とカレーライス飯テロの応酬です。

テレビを観ているだけなのに、お腹すいた~と言いながら深夜に冷蔵庫を開けました!

食べる事は生きる事。そして生きることはすなわち戦いだ!しっかりと食べて戦いに備えよ。

食をテーマに些細な日常を通して自分の気持ちを触られ、そして何となくくすぐられるそんな瞬間を綺麗にまとめたという感想でした。

今回も源太郎のハンサムな説教は私たちの心と胃袋に思いっきり刺さる金言となりました。次週のおいハンサム2第4話も目が離せませんね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次